HOME > MISSION

ナシ婚ゼロの日本へ

人生は一度きりです。

そして「生まれる」「結婚する」「死ぬ」が
人生の三大イベントです。

「生まれる」ときは無意識ですし、
「死ぬ」は遺言で自分の思いを残されたひとたちに伝えることはできますが、
自分自身がそのイベント=葬儀に参加することはできません。

そうすると自分が参加し、かつ自らがコントロールできる唯一のイベントは
「結婚」ということになります。

その大切なイベントをお任せいただくのが、ウエディングプランナーという仕事です。

ですから、その責任はとても重いのですが、
それと引き換えに、新郎新婦様にとって一生忘れられないひと、存在になることができます。

一度しかない私の人生を賭してする仕事として申し分ありません。
私はそう思って、この会社を起業いたしました。

ただ、今、ブライダル業界は冬の時代を迎えています。
どんどん結婚適齢期人口は減ってゆきますし、非婚化も進んでいます。
また、これほど意義ある人生の大きなイベントであるにもかかわらず、
入籍だけして結婚式をしないカップル、いわゆる「ナシ婚」層が多いのも事実です。
マーケットボリュームが急速にしぼんでいるのです。

「ナシ婚」に関しては、日本人の宗教観(無宗教のひとが多い)という問題だけでなく、
日本独特のブライダル業界の問題、体質もあると、私は思っています。

弊社の社名の「ケント=KENT」とは「K(結婚)EN(応援)T(隊)」という意味であり、
坂本龍馬が結成した「K(海)EN(援)T(隊)」という裏の意味もあります。
弊社のロゴの一部には、海援隊旗(二曳)もあしらわせていただきました。
くしくも、弊社創業の地である神戸は、龍馬が勝海舟から船を操る術を学んだ港町でもあります。

この社名には、龍馬が大きく日本を変えたように、
日本のブライダル業界に変革を...
そんな強い思いが込められています。

ただ、結婚式がひとりのチカラではつくれないのと同じで、変革も弊社一社だけではできません。
ご賛同いただける方々と共に、ブライダル業界に大きな変革のムーブメントを起してゆきたいのです

ケント株式会社 代表取締役
萩原宏宗


「ナシ婚」50%という事実

婚姻届を役所に提出して、結婚式、披露宴をしないカップル=「ナシ婚」が、年間婚姻数の半分を占める国、日本。宗教上の問題もありますが、世界的に見て非常に珍しい国です。紙切れ1枚で結婚も離婚もできてしまう...実は日本は結婚も離婚も簡単にできてしまう国でもあるのです。一生の大事なライフイベントである結婚を、紙切れ1枚で簡単に済ましてしまって良いのでしょうか。
 

結婚式をしたカップルの離婚率は低い

日本の離婚率は現在30%超。単純に計算すれば、婚姻届を提出した3組に1組以上のカップルが別れていることになります。一方、結婚式や披露宴をしたカップルは離婚率が低いというデータがあります。今までの人生でお世話になった方々、これからの人生でお世話になるであろう方々をお招きして、ふたりの結婚を披露し、愛を誓う...やはりそんな儀式や祝宴が、本物の夫婦になるためには必要ということではないでしょうか。
 

結婚式、披露宴は貯金0円でも可能

結婚式や披露宴をするとお金がたくさん掛かる...そう思っているひとは多いと思います。ただ、よく考えてみてください。結婚式や披露宴をすれば、ご祝儀が集まります。また、会費制で披露宴を行うことも可能です。つまり最終的には、結婚式や披露宴に掛かる費用の全額を自分たち(新郎新婦)が負担する訳ではないということです。多額のお金が掛ってしまう...という幻想から、貯金0円でもできないことはない...という発想の転換が必要です。
 

優秀なウエディングプランナーが叶える

では、どうすれば貯金0円で夢の結婚式や披露宴が叶うのか。そのためには優秀な道先案内人、ナビゲーターが必要です。ケント株式会社では優秀なウエディングプランナーが、おふたりを会場選定から当日まで完全サポート。創意工夫の上、ご予算に応じた結婚式や披露宴をご提案させていただきます。結婚式、披露宴をして良かった。きっと新郎新婦様にそう思っていただけると確信しています。